オットケ

こんにちは~~。












韓国人てけっこう間違った韓国語を使ってるんです。








ええ!?まぢで!??えっ








ええ、まぢです。












韓国人と話してて、知らない言葉が出てくる。








でぼくは、「それなあに~???」って悪意無く訊いたり




自分が知ってる表現で繰り返して相槌を打ったりするんですが








そのときに、イヤ~な顔されることがあります。






むこうとしては、間違った言葉をガイジンに訂正されたと思うんでしょうね。










で、ぼくは彼らが間違った韓国語を話したことに気づき、




「ああ、この人韓国語が苦手なんだ」と思うわけです。










「私より韓国語できるねえ」と言われたら胸を張って




「ああ、一生懸命勉強したからね」と答えてあげるのです。








さらに「よかったらテキスト貸してあげようか?」




と言ったらもう一段階上のイヤ~な顔が見られることうけあいです。






















で、彼らがよく間違うものの一つ。






어떡해




オットケ」です。
















この「オットケ」はとても便利な言葉で、








韓国人とテレビ見てるときはとりあえず




「オットケ!」って言っておけば仲間に入れるという




魔法の言葉です。








キムパプ天国で高校生たちが「私の名前はキムサムスン」を




見ているときに、ずっと観察していたんですが




1時間の間に彼ら(彼女ら)が発した言葉は




ほとんど「オットケ」だけでした。














ここで使われている




어떡해


  オットケ






は、






「どうしよう」とか「どうするの?」




というような意味で




어떡하다


 オットカダ




という動詞が元になっているんですが






例)나 어떡해?


   ナ オットケ


どうしよう






というふうに使います。




















さて、実は同じ発音の「オットケ」がもう一つあります。




それは






어떻게


  オットケ






です。














一緒じゃん!








いや、違います。




並べて見てみましょう。












어떡해     어떻게


  オットケ                   オットケ
















どうですか?わかります?






ここで全然関係ないマメ知識ですが





間違い探しをするときは、二つのものを寄り目にして重ねてみれば





間違ったところがチカチカして見えるのですぐわかります。





3Dステレオグラムを見るときの要領ですね。





ぼくはこれのおかげで間違い探しは負け無しです。





(韓国のゲーセンに間違い探しゲームがあるのよ)
















で、






어떡해     어떻게


  オットケ                   オットケ








この2つの「オットケ」、左側は先ほど見たように




「どうしよう」ですね。








右側のは、「どんなふうに」「いかに」という、




状態や手段を問う副詞です。










例えばこんなふうに使います。




例)공항까지 어떻게 갑니까?


   コンハンッカジオットケ カムニッカ


空港までどうやって行きますか












つまり








어떡해     어떻게


オットケ                オットケ


「どうしよう」(動詞)   「どうやって」(副詞)








と、発音は一緒でも、まったく違うものなんです。
















で、これからです。




韓国人がこれを間違うのは、書くときです。










インターネットの書き込みを見ていたらよくこうなっています。




어떻해










そろそろ混乱してきましたか・・・??








これ、声に出して読んでみてください。








어떻해








オッ・・・




トッ・・・








・・・・???














そうです。






어떻해




「オットヘ」になっているのです。














しゃべるときは誰も気づきません。




みんな「オットケ」と発音しています。






しかしネットに書き込むダンになると、




途端に「オットヘ」になってしまうようです。












これは明らかに






어떡해     어떻게


オットケ                オットケ






が混じったものですね。






特にネット用語というわけでもなく、




本人たちも間違って書いているとあまり気づいていないようです。














考えてみると、日本人もけっこう間違って使っていますよね。




敬語だとか、「ら」抜き言葉だとか、使役形だとか。。。








言葉が変化していくのは日本のことだけではないのですね。










ですが、自分のことは棚に上げて




もし韓国人が「オットヘ」と書いていたら








「教科書貸してあげようか?」








と勝ち誇った顔で言ってあげましょう。べーっだ!












어떡해     어떻게


オットケ                オットケ


「どうしよう」(動詞)   「どうやって」(副詞)






この二つを混乱しないように、ちゃんと使い分けてくださいね。












今日もありがとうございました~~ニコニコ




ほかに韓国人はパッチムもあまり意識してないようでよく間違います。人気blogランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ちょなぱだ(筆者)が6ヶ月で韓国語をマスターした勉強法をメルマガで公開しています。

>>とりあえず無料でメルマガ1通目を読んでみる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8 Comments

のぶりんのオンマ

SECRET: 0
PASS:
いつもためになるネタで楽しく読ませてもらっています。これからも、特にハイレベルなネタをよろしくお願いします。がんばってください。

返信する
7nana8

SECRET: 0
PASS:
ほんと勉強になります
(>_<)
そういう間違いがわかるようになるくらい私も韓国語頑張ろうと思います!

返信する
bucyu

SECRET: 0
PASS:
私が勉強になりました^^*
いつも分かりやすく韓国語を書いてくれるので、とても助かってますよ~~
私も更新したいのですが、自信がないわ!!もっと研究して勉強しないといけませんねー。
実はこっそりノートに書き写してたりして・・・キャハ^0^*

返信する
jeonhwa

SECRET: 0
PASS:
>のぶりんのオンマさん
ハイレベルなネタですね・・・がんばります。(^-^;)
>7nana8さん
ぼくも間違いがわかってるというか、、ただわからなくて韓国人に聞いたらたまたま間違いだった、とうだけなんですけどね・・・
ぼくももっとがんばりまーす。
>bucyuさん
ぼくも自信が無いのですがテキトーに書いてしまっています。。。
ノートに書き写すまでなさってくださってるんですか!
カンド~!!
間違ってても知りませんよ~(無責任)

返信する
kimhimiko

SECRET: 0
PASS:
いや~、すごいですねえ!
やっぱちょなばだ先生って一枚上ですよ!
こんなことはただ聞き流し、言い流していたことですが(実は同じだと思ってました、ハズカシ!^^;;)
講義料を支払わなければいけないくらいです。

返信する
jeonhwa

SECRET: 0
PASS:
先生だなんて、そんなそんな・・・<(`^')> エッヘン
ぼくも二つの違いがわからなくて、
「わからないことはNAVERに訊け!」
ということでNAVERで調べたり、友達に確認とったりしてるだけです。。
もっと勉強しま~す。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*